関節痛 サプリメント

関節の成分はサプリメントが最適?

年を取るにつれて、関節の故障やこわばりを感じていました。

  • 関節の可動域が減ってきた・動きが鈍くなった
  • 朝起きる時、腰や首に痛みがある
  • 首や鎖骨に鈍い痛みを感じる
  • 肩をあげるのが辛い
  • 立ち上がる時、つい支えに頼ってしまう
  • 股関節に痛みを感じる事がある
  • 階段の上り下りで膝に痛みを感じる
  • 荷物を持つ時にどうも力が入らない
  • なんとなく身長が縮んだ気がする
  • 正座だけじゃなくあぐらも辛い・・・

関節の故障は、リウマチのように、自己免疫による疾患以外だと加齢によって引き起こされるのが多いもの。つまり、誰にでもやってくる老化現象の一つ。

怪我であれば、安静にしておく事である程度の回復が見込めますが、加齢に伴い膝や腰が痛くなる場合は、何も対策しなければ悪くなる一方です。

「でも、どういう対策が出来る?」

根本原因は、膝などの関節を構成する軟骨の成分が年齢と共に不足していく事。そして、不足した成分を供給出来ていない事が悪化の原因。

「それなら、食事で補えば解決する?」

私もこのように考えていました。
そこで、鳥の軟骨などを食べるようにしてみたものの、特に変化は感じませんでした。

何より、毎日食べるなんて無理でした…。

結局、サプリメントが一番楽で長続きします。

「必要な成分が一通り入っているサプリメントなら何がある?」

関節痛のサプリメントは色々とありますが、グルコサミン、コンドロイチンを始めとして、他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンも良いとされています。でも、どれか一つ無いし二つの成分がメインで全部が全部バランス良く入っているのって有るのか疑問でした。

目次

  1. サプリメントは何を基準にすれば良い?
  2. 関節の修復にはグルコサミンとコンドロイチン
  3. 2型コラーゲンの必要性とは
  4. このサプリの成分配合量を確認
  5. 配合量に比べて割安なので続けられる

サプリメントは何を基準にすれば良い?

「サプリメントだと色々ありすぎてわからない…」
「品質とか、何を基準にすれば良いのか…」

最近では、サプリメントの成分抽出技術や製造技術が向上した事により、ほぼ天然に存在する状態のものや人の身体に効率よく吸収して使用されるように配合されたサプリメントなども製造されるようになりました。

結局、私が選んだサプリメントがコチラ。
ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチン

特徴は、ズバリ、『関節の健康に必要な成分1日分を補う事が出来るように作られたサプリメント』という所です。

このサプリメントは、”N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン”という成分名もズバリなサプリメントですが、この二つの他にも特許成分を配合しているので、これ一つで必要な成分をカバーできる配合量になっていると思えたのが決め手です。

天然成分のNアセチルグルコサミン、豚由来のコンドロイチン、そして、2型コラーゲン。更に、ヒアルロン酸までを一粒の中に含まれています。

他にも、天然由来成分で炎症を抑えるとして注目の成分「MSM」も配合されています。
これが、特許成分らしいですが、関節痛を改善するのに良い成分だそうです。薬じゃないのに、似たような効き目があるなんて驚きます。

何より、材料の安全性へのこだわりや成分配合量を隠すこと無く、利用者の目線で情報が公表されている点に共感が持てます。

関節の修復にはグルコサミンとコンドロイチン

「そもそもの話だけど、関節に必要な成分って何?」

調べてみると、関節の健康の為にも意識して摂取した方が良い成分だと、ムコ多糖類のグルコサミンコンドロイチン硫酸だそうです。

軟骨の成分として必要なグルコサミン、水分を保持する為のゲルの材料として必要なコンドロイチンを摂取する事で、変形性関節症の改善に有効という臨床試験の結果もあります。

こうした研究結果から、今では、「関節痛がある場合には、グルコサミンやコンドロイチンが良い」というのが既知の情報となっていますよね。

  1. 「最近、年のせいか膝のこわばりが気になるなぁ」
  2. 「こんな時は、グルコサミンが不足してるって聞くよな」
  3. 「コンドロイチンも必要なんだっけ?」
  4. 「なら両方入っているサプリメント探そうかな」

こんな風になるのも、サプリメントのCMなどを通じて知っている人が増えたからだと思えます。

この他にも2型コラーゲンやヒアルロン酸を摂取する事で、膝関節を始めとする関節のこわばりを改善し痛みな緩和やスムーズな曲げ伸ばしに良い働きがあるという事から、関節の健康には、これらの成分の摂取が推奨されています。

なんとなく、膝のアンチエイジングに必要な成分がイメージできたのではないでしょうか。

2型コラーゲンの必要性とは

関節痛の改善に有効な材料として、2型コラーゲンも注目されているようです。なぜ、関節痛の改善に有効なのかというと、体の中でも膝などの関節軟骨の構造を支える上で欠かせない成分だからです。

コラーゲンには複数の種類があります。

種類の分け方は、ローマ数字+型というように分類されて、現在まで発見されているものでも、既に30種類以上もあると言われているのですが、これからも新しいコラーゲンが発見される見込みがあります。

コラーゲンには、大きく分けて、繊維性・非繊維性の2種類に分けられているのですが、2型コラーゲンは、繊維性のコラーゲンで、主に関節の軟骨に含まれます。他にも、眼球の硝子体液(ヒアルロン酸)を覆う硝子体膜の成分でもあるのです。

どちらも、弾力を維持することで本来の機能を果たす重要な部分なので、2型コラーゲンの不足は、関節痛の改善や眼の機能を維持する為には欠かせない栄養成分です。

軟骨に必要な成分と言えば、ヒアルロン酸やグルコサミン、コンドロイチンなどのようなネバネバ成分のムコ多糖類ですが、それらが定着する為にも2型コラーゲンの存在は重要です。

中でも注目される非変性2型コラーゲンは、コラーゲンペプチドというアミノ酸が数個連なった状態で抽出されている為、そのままコラーゲンの材料として吸収されて使われます。
詳しくは、コラーゲンの種類を参考にしてみて下さい。

このサプリの成分配合量を確認

ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンにした理由は、成分配合量の良さです。1日分8粒に含まれている成分量は以下の通りです。

  • N-アセチルグルコサミン:1000mg
  • コンドロイチン硫酸ナトリウム豚由来:1000mg
  • MSM (Opti MSM):500mg
  • バイオセルコラーゲン:500mg

中でも注目なのが、N-アセチルグルコサミンですが、これは、N型という従来のグルコサミンと比べて1.8倍に匹敵するそうです。それだけ、体との相性の良い成分だという事になります。

>>このサプリの成分配合量詳細はこちら

配合量に比べて割安なので続けられる

「いくら成分が良くても、続けられる価格じゃないとね…」

また、これらの成分をそれぞれ含んでいるサプリメントが有ったとしても、すべてを一つにまとめたものは、おそらくほとんど無いと思います。なぜなら、「採算が取れない…」から、メーカーとしても作る事が出来ません。

作れたとしても、高級サプリメントになってしまうので、売れないなんて事にもなりかねません。

その点、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンは、これだけの配合量でも続けやすい価格となっている事、また、長期継続する場合に利用者の負担を減らすべく、定期購入割引なども用意されています。

十分な配合量で続けやすい。
サプリメントとして必要な要素が揃っているのではないでしょうか。

関節痛サプリメントを初めて試してみたい場合、候補として十分に通用する内容に仕上がっている製品の一つで有る事に変わり有りません。