関節痛サプリメントを厳選紹介

関節痛の改善に有効な成分やサプリメントに関する情報

年齢と共に弱ってくる身体。
以下のような事に心あたりはありませんか?

  • 以前より関節の可動域が減ってきた・動きが鈍くなった
  • 朝起きる時、腰や首に痛みがある
  • 常に首や鎖骨に鈍い痛みがある
  • 肩を動かすと、ゴリっという音がする
  • 肩をあげるのが辛い
  • 少し身体を動かさないとすぐに筋肉が硬くなる
  • 正座だけでなくあぐらも数分で辛くなってくる
  • 運動をする時、最初の5分くらいはいつも身体がぎこちない
  • 立ち上がる時、つい支えに頼ってしまう
  • 冷え性で身体が硬い

関節の悩みの多くは加齢によって引き起こされるものも多いですが、体質や怪我の影響で若い頃から痛みを持っていたり、動きが鈍かったりなどする事も有ります。怪我であれば、安静にしておく事である程度の改善は見込めますが、日常生活で悪化しているなら、そのままでは改善されないものです。

そんな時に自分で出来る対策方法として、関節痛に良いとされる成分やそれを含むサプリメントを活用してみる事が可能です。そこで、実際にどのような成分が有効でどんなサプリメントが人気なのかなど、関節の健康をサポートする上でか欠かせない情報を掲載しています。

関節を修復する働きはグルコサミンとコンドロイチン

関節の健康の為にも、意識して摂取したいのはムコ多糖類のグルコサミンコンドロイチン硫酸です。

軟骨の成分として必要なグルコサミン、水分を保持する為のゲルの材料として必要なコンドロイチンを摂取する事で、変形性関節症の改善に有効という臨床試験の結果もあります。

こうした研究結果から、今では、「関節痛がある場合には、グルコサミンやコンドロイチンが良い」というのが既知の情報となっています。

この他にも2型コラーゲンやヒアルロン酸を摂取する事で、膝関節を始めとする関節のこわばりを改善し痛みな緩和やスムーズな曲げ伸ばしに良い働きがあるという事から、関節の健康には、これらの成分の摂取が推奨されています。

それらの成分を効率的に摂取するには?

関節に欠かせない成分を理解しても、それを摂取できなければ元も子もありません。

これらの成分を安定して食材から摂取を考えてみると、いずれの成分も豚や鶏の軟骨部分や鶏冠など、食事では中々摂取しにくいので、日々継続するのは困難が予測されます。

該当する食材を食べて、摂取しているつもりでも、健康維持に必要な量を補いきれず、また、食生活の変化にも対応しきれない恐れもあります。効率的に摂取する為にもサプリメントの活用が一般的です。

最近では、サプリメントの成分抽出技術や製造技術が向上した事により、ほぼ天然に存在する状態のものや、人の身体に効率よく吸収して使用されるように配合されたサプリメントなども製造されるようになりました。

当サイトで紹介しているドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンも、天然成分のNアセチルグルコサミンや2型コラーゲン。更には、ヒアルロン酸までを一つのカプセルの中に詰め込んでいます。

材料の安全性へのこだわりや成分配合量を隠すこと無く、ユーザー目線で情報を公表しています。

>>【成分高配合】ドクターズチョイス・グルコサミンサプリメントはこちら

非変性2型コラーゲン

今、関節痛の改善に有効なサプリメントとして注目を集めているのが、2型コラーゲンを主成分として配合しているものです。

なぜ、関節痛の改善に有効なのかというと、体の中でも、膝などの関節軟骨の構造を支える上で欠かせない成分なのです。

コラーゲンには複数の種類があります。

種類の分け方は、ローマ数字+型というように分類されて、現在まで発見されているものでも、既に30種類以上もあると言われているのですが、これからも新しいコラーゲンが発見される見込みがあります。

コラーゲンには、大きく分けて、繊維性・非繊維性の2種類に分けられているのですが、2型コラーゲンは、繊維性のコラーゲンで、主に関節の軟骨に含まれます。他にも、眼球の硝子体液(ヒアルロン酸)を覆う硝子体膜の成分でもあるのです。

どちらも、弾力を維持することで本来の機能を果たす重要な部分なので、2型コラーゲンの不足は、関節痛の改善や眼の機能を維持する為には欠かせない栄養成分です。

軟骨に必要な成分と言えば、ヒアルロン酸やグルコサミン、コンドロイチンなどのようなネバネバ成分のムコ多糖類ですが、それらが定着する為にも2型コラーゲンの存在は重要です。

コラーゲンには、繊維性と非繊維性という大きく分けて2つのタイプがあるのですが、その中で、2型コラーゲンは、繊維性グループに属します。更に、変性と非変性(活性)が存在しているという関係性です。

このうち、体内に存在する2型コラーゲンと同様の状態で抽出された非変性が最も有効とされているのです。

変性2型コラーゲンの場合は、原材料(鶏の鶏冠)からコラーゲンを抽出する際に、熱を加える事で分子構造が壊れてしまい、アミノ酸単体の状態を示すのですが、分子構造が壊れているのでコラーゲンの材料となるかもしれないアミノ酸というあいまいな状態です。


それに対して非変性2型コラーゲンは、コラーゲンペプチドというアミノ酸が数個連なった状態で抽出されている為、そのままコラーゲンの材料として吸収されて使われます。
詳しくは、コラーゲンの種類を参考にしてみて下さい。

これら二つが存在する理由は、従来の栄養成分の抽出方法と現在の抽出方法の違いです。食材などから2型コラーゲンを取り出す時に、従来の抽出方法では栄養成分であるアミノ酸の構造がバラバラに壊れてしまっていました。

ですが、新しい抽出方法が可能となり、本来の形のまま成分を取り出せるようになったのです。このように、本来の形のまま役割も最大限発揮してくれる状態を「活性」と呼ぶため、この方法で抽出された非変性2型コラーゲンの事を、活性2型コラーゲンとも呼びます。

関節痛へ有効性

2型コラーゲンが、関節痛にどのくらい有効なのかを調べる為、実際にサプリメントを購入して試してみました。およそ2ヶ月間、ほぼ毎日欠かさず関節痛のサプリメントを試し、実際にはどのような変化があったのか、または、副作用となる事は無かったのかなどのレビューも掲載しています。

このような、関節痛に有効とされるサプリメントの多くは、中々効果が出るというものでは無いと言われています。ヒアルロン酸にしてもグルコサミンにしても同じ事で、2、3年などの長期間の服用を継続する事で、ようやく少しずつ効果が現れるとされています。

正直、根気が必要で長いと感じるかもしれませんが、そのように地道に服用を続ける事で、加齢に伴う関節痛の軽減に繋がったり、同じ成分を配合している体の組織である、硝子体の老化を防ぐ事ができるとも考えられます。

このように、関節痛を始めとして、体のアンチエイジグの為にも必要な成分だという事を意識して、レビューなどを参考にしてみてください。